ブログ
携帯版はこちら!
-  智学館 小禄校 - 沖縄県那覇市の少数個別学習塾 携帯電話はこちら
携帯電話で上記のQRコードを読み取りアクセス。
スマホはこちら!
-  智学館 小禄校 - 沖縄県那覇市の少数個別学習塾 スマートフォンはこちら
スマートフォンは上記のQRコードからアクセス。
■沖縄のホームページ制作会社 リマープロ
沖縄のホームページ制作会社 リマープロ
智学館は、沖縄県那覇市小禄にある個別指導学習塾です。小学生、中学生、高校生対象に少数個別指導を行っております。習熟度別クラスにより、私立中高大向けの対策、首里高校、那覇高校、那覇国際高校など県立高校、私立高校受験希望者も含め、小人数での学習を行っております。
インフォメーション
2017年 冬期講習




 南国沖縄も、本格的な冬を迎えますが、ご父母の皆様には、ご壮健の事と存じます。


 智学館では生徒達の要望もあり、冬期講習を行います。


年末、年始の忙しい最中ではありますが、受講下さいますようご案内申し上げます。


                                      12月4日

                                      智学館


期間  12月26日(火)~1月4日(木)(12月31日、1月1日は休み)、1月8日(月) 9日間


時間  3:50 ~ 7:05


費用  12,000円(テキスト代込みです)


※定員(1クラス8名)に達し次第締め切らせていただきます。



●電話で問い合わせてください(098-894-4911)(電話受付は平日PM2:00より/土曜日PM6:00より)⇒ 面談(テスト)⇒ 体験学習 ⇒ 入塾








2017年度 英検2次結果

                                 2017年12月6日(水)


2017年度 英検、2次試験結果。


今回、2次試験を2名が受験し、2名とも合格しました。


  準2級  合格  高1年  S・Mさん

   3級  合格  中3年  T・Nさん


智学館は、英検、数検、漢検の資格取得もお手伝いします。


※高卒認定試験受験者は、英検準2級からは、英語の受験科目が免除になります。



                          英検、漢検、数検準会場

                          智学館 894-4911




●電話で問い合わせてください(098-894-4911)(電話受付は平日PM2:00より/土曜日PM6:00より)⇒ 面談(テスト)⇒ 体験学習 ⇒ 入塾


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                                 2017年11月13日(月)


2017年、英検の結果が出たのでお知らせいたします。


2017年度 英検結果

 準2級   合格   中3年  H・Mさん

 準2級   合格   高1年  T・Uくん

 準2級  1次免除  高1年  S・Mさん

  3級   合格   中3年  T・Nさん

  5級   合格   中2年  I・Kくん
 
  5級   合格   中2年  T・Sくん

  5級   合格   中1年  Y・Rくん


その他 中3生 Aさん 準2級にあと27ポイント


同じく 中3生 Kさんも準2級にあと27ポイントで惜しいところでした。


英検、漢検、数検等の資格試験は連続して受験すると


合格率が上がります。









2017年度 数検結果


暦の上では明日からもう師走ですが、暖かくて、クリスマス気分もお正月気分も当分来そうにありません。


ご父母、生徒の皆様にはご健勝の事と存じます。


先日合格発表のあった数検について結果をお知らせします。


8名受験し、7名が合格しました。(1次、2次含む)


数検合格発表

準2級     K・Hさん     中3

準2級     S・Yくん     中3

準2級     M・Sさん     高1

 3級     T・Kくん     中3

 3級     A・Kくん     中3

 3級     A・Hさん     中3

 4級     I・Kくん     中2


今回は8名中7名が合格いたしましたので全員よく頑張ってくれたと思います。







世界で一番恐ろしい生物

マイクロソフト創業者であり、かつ世界で一番金持ちのビル・ゲイツ氏が自身のブログで、


「世界で一番恐ろしい生物」というタイトルでランキングを書いています。


第10位 ワニ 年間1000人


日本にはいませんが、水辺で遊ぶときは気を付けましょう。


第9位 サナダムシ 年間2000人


モデルのナオミ・キャンベルが、ダイエットのために自ら体内に取り込んだ話は有名ですが、

寄生虫である以上、やはり人間にとっては危険な生物です。


第8位 回虫 年間2500人


人や哺乳類に寄生する、ごく普通の寄生虫のようです。

世界的には数10億人が感染しているという数字が出ています。

寄生虫である以上はやはり危険なのでしょう。


第5位 淡水の巻貝 年間10000人


巻貝で死んだという話はあまり聞きませんが、住血吸虫症により寄生虫に感染し、死に至るようです。


第5位 吸血昆虫 年間10000人


サシガメの仲間には吸血性を発達させた種がいます。

吸血する種は感染症の媒体となり、シャーガス病の原因となるそうです。

(シャーガス病とは、人が感染すると心臓が肥大して死に至るようです。)


第5位 ツェツェバエ 年間10000人


別名、睡眠病と呼ばれ、睡眠病の媒介種として知られています。

(アフリカ睡眠病は、ツェツェバエが媒介し、感染すると、睡眠周期が乱れ昏睡して死に至るそうです。)


第4位 犬 年間25000人


犬が人間の首筋に噛みついて25000名を殺したわけではありません。

死因の多くは狂犬病です。

感染した人は、高熱、麻痺、呼吸障害で死亡するそうです。


第3位 蛇 年間50000人


映画の寅さんは有名ですが、昔テレビ版の寅さんがありました。

たしか最後は、奄美大島でハブに噛まれて死んだという終わりかただったと思います。


第2位 ホモサピエンス(人間) 年間475000人


私が小学生の頃母親から、「世の中で一番恐いのはお化けやハブではなく人間だ」と聞いたのをなぜだか急に思い出しました。


第1位 蚊 年間740000人


ビル・ゲイツ氏がこのサイトを作ったのもこの第1位の生物に原因があるようです。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団はマラリア対策基金に莫大な寄付を行っているそうです。

ビル・ゲイツ氏は、マラリア対策の重要性を訴えたかったものと思われます。


※それにしても世界で一番恐ろしい生物、1位が蚊だというのは意外でした。


普通に恐いといえば、ライオンや狼、サメやシャチが思い浮かぶのですが、


10位以内にはランキングしていません。






2017年 1学期定期テスト結果

今回定期テスト、席次上位者と成績上昇者を掲載いたします。


智学館はこれからも少数個別学習(1クラス8名)で頑張っていきます。


学年席次上位者

 【2番】             【5番】             【12番】            【30番】
 鏡原中3年          鏡原中3年          鏡原中3年          鏡原中3年 
   K.H              A.H               S.Y               H.M    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学年席次上昇者

 【71番】             【74番】           【74番】            【100番】
   ↑                 ↑              ↑                ↑ 
 【98番】             【104番】          【102番】           【156番】
 金城中3年           寄宮中3年         鏡原中3年          小禄中1年
   U.K               K.A              U.C               R.Y



智学館では定期テスト前は、テスト対策を実施いたしております。


内申を上げる為には、席次を上げる必要があります。


その対策です。


体験制度もあります。


電話でお問い合わせください。






平成29年高卒認定試験結果発表!

※平成29年度第1回「高卒認定」試験結果


山内 善樹くん(17)      合格!

石原 すみれさん(18)    合格!

K・Tさん(27)          合格!



Hくん 3科目中3科目合格

Kさん 6科目中6科目合格

Tさん 8科目中6科目合格


※「高卒認定」試験は一度に8科目取得するのではなく、Hさん、Kさん、Tさんのように最初から、


複数回に分けて受験するという作戦もあります。


又、結果が出なくても次回にチャレンジすれば良いので、あきらめずに挑戦してください。



体験談は平成29年度第1回「高卒認定」試験に合格した方と2017年卒塾生のものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(今度「高卒認定」試験に合格した山内君とお母さんも書いてくれたので、一緒に掲載いたします。)

【体験談・NO.9】山内君のお母さん

息子が高校一年生になって、約1ヶ月ほどたったある日のこと、突然学校から電話が


かかってきて、息子の不登校を知りました。


毎朝、元気に家を出て行っていましたので、当然のごとく学校に行っていると信じていた私は


「まさか!!家の息子にかぎって・・・」と思いましたが、それが事実と知り、


大変なショックを受けました。


それからは、息子はしばらくは(三週間ほど)家でゴロゴロしていましたが、さすがに


この子の将来のことが心配になり、夜もねむれない日々が続きました。


このままではいけないと思い、インターネットで塾さがしをはじめました。


情熱あるすばらしい先生と塾が、必ずあるはず・・・、と信じていました。


そしてさがしあてたのが、この「智学館」だったのです。


息子は、はじめはしぶっていましたが、通うことを決断しました。


先生が一生懸命、情熱をもって息子を励まし、指導して下さいました。


「高卒認定」試験が十ヶ月後にあり、それに向けて息子も七科目勉強しなければなりません。


数学が大の苦手な息子を、先生は中学一年から遡って、ていねいに教えて下さいました。


他の科目もあわせて、息子も一生懸命勉強するようになりました。


そして、八月の「高卒認定」試験にのぞみ、八月三十日、「全科目合格!!」の通知を


頂きました。


夫婦で感動しました。


本人も、自分はやればできるんだと自信をもったと思います。


ほんとうにこの「智学館」に出会えてよかった。


先生方に感謝しております。



(山内君のお母さんからは過分なお褒めのお言葉をいただきました。


これを励みに我々も頑張っていく所存です。)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【体験談・NO.8】 山内 善樹

私は勉強が苦手だったので、この塾での勉強もあまり乗り気ではありませんでした。


でも、先生方が自分に合ったペースでていねいに教えてくれたので、約半年間の勉強で


「高卒認定」試験の全科目に一発で合格することができました。


今は先生方や、支えてくれた家族に対する感謝の気持ちでいっぱいです。


勉強に自信が無かった私も、「高卒認定」試験に合格したことで自信が付き、大学受験に向けて


これからも頑張っていこうと思えるようになりました。


この塾で勉強できたことに感謝です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【体験談・No.7】Uさん

私は、中学1年生の時に中途半端に良い成績をとったことがあり、それ以来「自分は勉強しなくてもやっていける」


という考えを持つようになりました。


しかし、そのまま成績が上がることはなく、受験生になりました。


周りが受験を意識して成績を上げていて、私も焦ってきました。


そんな時、友達に智学館を紹介され、今からでも間に合うかなと不安になりながらも、入塾しました。


最初はやる気を出せず休む日もあったけど、どんどん勉強するペースが身に付いてきました。


そして、成績が1年の頃よりも良くなってきて学年席次1番にもなりました。


推薦をいちかばちかで受けてみて、合格が分かった時は、3年からでも本気を出せて良かったと思いました。


高校でも頑張りたいです。



<那覇高校へは、中学校から5,6名が推薦を出したそうですが、推薦合格したのはUさん一人だそうです。>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【体験談・No.6】C・Iさん(24)

私は事情があって高校に進学しませんでした。


そこで、高卒認定試験を受験しようと思い、智学館に通い、約1年で8科目合格しました。


自力では解くことが難しい問題も、先生方のていねいな教え方で解けました。


「高卒認定」合格後も引き続き、大学受験の勉強をして、沖縄大学の法経学科と、福祉文化学科に


合格することができました。


大学入学後も、勉強をがんばりたいと思います。



<勉強を始めるのに年齢は関係ありません。


「高卒認定」クラス、「過卒」クラスには20才を過ぎた方もいます。>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【体験談・No.5】M・Y君

僕は、プレ入試で学力は、A判定だったけれど、内申平均が3.3と悪くC判定で、総合C判定でした。


那覇西高に受かるためには、この結果だと、学力で、高得点を取るしかありませんでした。


それを支えてくれたのは、塾の先生方でした。


分からない問題を一生懸命教えてくれて、よく分かるようになりました。


そのおかげで、那覇西高に受かることができました。


僕は、本当に、塾の先生方にとっても感謝しています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【体験談・No.4】U・Aさん(金城中)

最初この塾に来た時は友達もいなくて、正直不安でした。


しかし、この塾をやめずにがんばったらいい事がたくさん起こりました。


友達もできて、席次も上がりました。


高校受験本番の1日目は、がんばってもとけなくて、とても辛くて落ちる事しか考えきれませんでした。


2日目は面接でとてもがんばりました。


それでも落ちる事しか考えきれず、毎日寝れなかったです。


合格発表の時、自分の番号があることに気づき、おどろきました。


もし塾を辞めてたら、合格できてなかったかもしれません。


今はこの塾が大好きです。


1年間お世話になった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。



<U・Aさんはとても真面目な子で那覇西高校で大学進学目指して頑張ってほしいと思います。>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【体験談・No.3】K・Nさん

私は、勉強がとても嫌いで、学校以外では全然勉強をしていませんでした。


学校の授業も全然分からず、テストでは、学年ではワースト10に入ったこともあり、勉強をする事をあきらめていました。


しかし、中三の夏を過ぎた頃から、このままだと○○高校などしかいけないと思い、智学館に入塾する事に決めました。


すると、学校ではできない、一人一人にていねいに分かりやすく教えてくれたので、分からなかった所もどんどん分かる


ようになり、学校の授業よりも塾に行くのが楽しみになっていました。


そして、他県の私立小林西高校に合格することが出来ました。


先生方、本当にありがとうございました。



<※今の学力は問いません。全力で勉強したい子を募集しています。>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【体験談・No.2】M・Oさん

私は中学校3年生の夏休み頃に塾に入りました。


塾に入って、最初の頃は家庭学習もしていたのですぐ席次があがりました。


席次が上がったので少し気がゆるみ家庭学習をしなくなり、


席次が伸びなくなってしまったことから続けることの大切さを学びました。


また、それを学んだ事で受験勉強にもいかすことができました。


私は、計算がニガテだったけど計算の簡単な方法とかも学べたので計算もだんだんできるようになりました。


このように、塾でわからない人がいてもその人に合わせた説明とかでわかりやすく説明してくれたので、


この塾に入ってよかったなと思いました。



<M・Oさんは那覇西高校に進学して頑張っています。>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【体験談・No.1】Nさん(鏡原中)

私は中3の夏休みに受験勉強のしかたがわからなかったので、入塾しました。


最初は塾長が怖かったけど、話していくと、とても話やすかったです。


いつも、授業中うるさかったりして怒られることもあったけど、楽しく勉強することができました。


興南高校を受験したときも、分からない所もあったけど、先生方に教えてもらい、合格することができました。


ぎりぎりにスタートした面接練習も当日はちゃんと受け答えできたのでよかったです。


4月からいいスタートをして、充実した高校生活を送りたいです。


ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










〈■なぜ人工知能は東大に合格できないのか?〉より Ⅱ

()内は補足・説明です。


人工知能がシンギュラリティ(人工知能が人間の能力を越えることで起こる特異点)に到達すれば


人類全員が平等になれる。


AIがあらゆる仕事をして、人間は恋をしてダンスをして詩を作って暮らすようなユートピア(平安時代の


貴族のようですね)が訪れると言うことはない。


その理由は、機械は意味を理解できない。(新井先生は意外とクールにつきはなしてAIを見てますね。)


「東ロボ」プロジェクトは5年間、各科目ごとにチームを作り、有名企業も含め総がかりで対策したのべ


100人ぐらい。


AIが勉強して、分かっているようにふるまうためには、1問を解くのに500億もの単語が必要になる。


だからシンギュラリティ(人間の能力を越える事)は来ないと思う。


そもそもシンギュラリティに到達するという根拠が分からない。


全人類の脳のニューロン全てを足したものより、コンピューターチップひとつの容量の方が大きくなる


と言われるが、なぜニューロンを足す発想なのか。


足したら論理的な帰結に導かれると言うことはない。


つまり脳細胞の数で決まると言う話には信憑性が無い。


脳細胞の数はイルカの方が人間より多い。


イルカの方が人間より賢いのか。


計算処理が速ければよいのかと言うのもよく解らない。


スーパーコンピュータの計算速度を競いだすと、横に原発を一基建てなければ電力が追いつかない。


このようにAIをめぐっては論理的に議論は破綻している。


今まで発達したのだから、今後も発達すると言う経験則にも疑問が残る。


たとえば人が移動する速度は徒歩から馬車になり、自動車になり、ジェット機になりましたが、


コンコルド以後は速くなっていません。


※BBCのインタビューに対し、ホーキング博士は語った。
 

「完全な人工知能を開発できたら、人類の終焉を意味するかもしれない。」


さらに「人工知能(AI)の発明は人類史上最大の出来事だった。


だが同時に『最後』の出来事になってしまう可能性もある」と語った。


※テスラモーターズCEOのイーロン・マスク氏は「人工知能(AI)にはかなり慎重に取り組む必要がある。


結果的に悪魔を呼び出していることになるからだ。」


以上のような人工知能(AI)に対するネガティブな話を聞くと、新井先生の話が腑に落ちるし、とても納得できたので、


その記事を要約し、載せました。


新井先生の話を読むと、今世界はAI(人工知能)に対して過剰に反応しているのではないかと考えるようになりました。






〈■なぜ人工知能は東大に合格できないのか?〉より

2016年10月21日に、最初のAIの記事を書きました。


ブログを書くためにAIについて調べるうちに、これは19世紀のイギリスの産業革命に匹敵する大きな


変革の波が来ると想像しました。


その後、各種雑誌や、テレビ、インターネット上でAIに対する過剰な評価も目にしました。


いわく、人類から仕事が無くなるとか、今の仕事の7割が消えるとかです。


果てはSF映画の「ターミネーター」のように世界が乗っ取られて人類がAIの下僕となるのではないかといった


過剰な反応まで目にしました。


そういう多数の意見の中で、ある記事を見て非常に納得できたのでご紹介します。


国立情報学研究所教授・新井紀子先生がデイリー新潮に書いた「なぜ人工知能は東大に合格できないのか?」という記事です。


その内容を簡単にご紹介します。



『いずれ人工知能(AI)が人間の能力を超えると語られる昨今、AIが東大に合格するのは簡単そうだが、


挑戦して分かったのは、AIの弱点だった。


5年間、模擬試験を受けさせ、偏差値も少しずつ高くなり、有名私大に合格できるレベルには達したが、


東大合格レベルには遠かった。


ある種の問題には対応できても、所詮AIには読み解けない問題が多数あることが分かった。


AIにはできることと出来ないことがある。


AIのおかげで人間が労働から解放されることも無い。


しかし、一定の仕事はAIが代替するようにはなる。


2009年当時、私は数学者として、大勢のAI研究者と話して、これらの研究者の言うことが10%でも達成されれば


ホワイトカラーの仕事の半分程度はAIに代替されてもおかしくないと思った。


これは同様の予測としては世界で初めてのものだった。


ところがこの本は書店でビジネス書ではなくSFの棚に置かれてしまった。


世界が今のまま続いていくと思っている教育界、企業も政策も変わらない間に、お金もデータもAI開発したところに集まってしまう。


日本の企業がそれに対応できなければ、買収または吸収されて、サービスの対価として日本から吸い上げられたお金も、


外国へ流れていってしまう。


労働の二極化


それでも労働は残る。


創造的な能力と重い責任を要する仕事。


KYすなわち空気が読めないAIには出来ない仕事。


そういう人間にしか出来ない仕事があるので、それを低賃金で下請けさせるという理由で残る。


仕事全体から真ん中部分がAIに奪われ、人間が担う労働は上と下に二極化される。


結果、失業と人手不足が同時に起るという最悪のシナリオが現実になる。


AIには、実はたいしたことは出来ない。


データ分析や最適化は出来る。


つまり道具にすぎないAIには負えない責任を負いながらAIを使いこなす人が不可欠である。


このままエネルギー問題を最適化したり、自動運転でリスクを分散したりするためにはAIを使いこなせる人が必要である。


それは原発の取説を読める人が必要であるのと同じだ。


そういうことを本に書いた。


ただ、だれも実用書だと思ってくれない。』


(以下、Ⅱに続く)


沖縄県高校野球有望選手の県外流出について Ⅱ

前回、栽監督に県民栄誉賞を送るべきと書きましたが、その栽監督もいい面ばかりではありません。


91年、夏の甲子園大会で3年生のエースだった大野倫氏の酷使の問題が思い出されます。


右ひじの骨折を知りながらも投球を指示しました。


もちろん批判も浴びました。


いきさつはこうです。


夏の大会、控え投手が病気で投げられなくなったため、ピッチャーが大野選手1人になりました。


試合前の記者会見で「大野には死ぬつもりでやってもらいます。やるときはやらないと・・・。」


と栽監督は発言しました。


それを受けて大野投手は骨折したままの状態で773球を投げぬいた結果、現在もケガの影響があるそうです。


さすがにこれはひどいと言うことになり、県内外の野球関係者、一般のファンから、中・高生の投球制限の問題が


出るようになりました。


中学野球、高校野球はプロ野球ではありません。


あくまでも教育の一環のスポーツとして見るべきです。


肉体的、精神的に成長するためのスポーツ(野球)だと思うのです。


裁監督以降も、甲子園での勝利を優先して投げすぎたピッチャーはたくさんいます。


もしかしたら松坂選手も、ヤンキースの田中選手も高校野球であれだけ投げなければ、メジャーでもっと


活躍できたかも知れません。


中学、高校野球のピッチャーの玉数制限について、もっと真剣に考える時期に来ていると思います。


甲子園がラストステージではありません。


むしろ入り口と考えるべきです。


その先には日本プロ野球(NPB)、アメリカのメジャーリーグ(MLB)があります。


甲子園を目指してがんばるのはいいのですが、せっかくの才能ある選手たちが大野氏のようになったらもったいないし、


かわいそうです。


(リトルリーグ、中学、高校野球はあくまで教育の一環として考えるべきだと思います。)


大野氏は肩を壊し、その後ピッチャーとしては投げられなくなったのですが、九州共立大学に進学後、外野手に転向し


1999年福岡6大学新記録の通算18本塁打を放ち、1999年ドラフトで巨人に5位指名され、入団しました。


高野連が来春の選抜大会からタイブレーク制を導入するそうです。


(タイブレーク制とは試合が延長戦に入った場合、事前に決められた回から得点しやすい状況で攻撃を始めるルール。)


前回ブログを書いた後、2017年6月13日に高野連が「多投」に対する一つの解答を出しました。


高校野球選手の健康面に配慮したと言う点において一歩前進だと思います。



※《県高校野球のリーダーの一人である我喜屋監督の話》


今や我喜屋監督は興南高校の野球部監督だけではなく、理事長、校長も兼ねていて、実質的に学校の


全権を掌握している立場です。


にもかかわらず、県内中学校から有望な選手を積極的にスカウトしていないと言う話を、県内高校野球関係者から聞きました。


我喜屋監督の理想としている高校野球があるのでしょう。


智学館から興南高校に入学した生徒の中には、野球部に入り、甲子園に出場した生徒もいるし、フロンティアに合格し、


学年席次1番を取り、その後東京理科大に進学した生徒もいます。


彼らから我喜屋校長の話を聞くと、スポーツだけではなく、勉強にも力を入れているそうです。


また、就職等の相談にも乗る、すばらしい教育者だと聞きました。


全権を把握している我喜屋監督は、もっと県内中学校から有望選手を積極的にスカウトすると言う方法もあると思うのですが、


それをやらないと言うのは教育者としての深い考えがあってのことだと思います。





沖縄県高校野球有望選手の県外流出について

6月17日からは高校野球沖縄県予選大会が始まります。


沖縄タイムスの記事によると


『野球で県外に進学する生徒が増えている。


県外に出てプレーする現在の高校1年生は44人いることがわかった。


強肩や瞬発力など「身体能力が高い」と言われる沖縄の選手に県外私学が注目し、特待生などでとっている。』


特に中学から好投手が流出しているらしいです。


沖縄の高校野球の歴史は、栽監督以前、以後に分かれると思います。


栽監督は、(もう故人ではあるが、敬意を込めて監督と呼称します。)豊見城、沖縄水産を率いて甲子園大会に


春夏合計17回出場、戦績は22勝17敗、準優勝2回、主な教え子として、沖縄尚学選抜優勝監督の金城孝夫、


元阪急の石嶺和彦、元巨人軍投手の赤嶺賢勇、元中日の上原晃、元巨人軍の大野倫、ソフトバンクの新垣渚など


多数の選手をプロ野球に送り出しました。


今でこそ、沖縄は野球王国、野球所と思われていますが、栽監督以前は野球弱小県でした。


戦前は甲子園出場は1回もありませんでした。


沖縄はレベルが低く、九州の強豪校には敵わなかったそうです。


1958年、夏の大会、首里高が沖縄勢として初めて、甲子園の土を踏んで、甲子園の大観衆から大歓声で迎えられたが、


敦賀高校に0-3で敗れました。


68年夏には、興南高校がベスト4入りし、沖縄中を熱狂させたのです。


沖縄野球が本土勢に通用する事を見せたのです。


70年になるといよいよ栽監督の登場です。


それまで沖縄勢が出場すると判官びいき、もしくは同情で大声援を送っていた甲子園の観衆も特別扱いしなくなったのです。


つまり、沖縄勢が本当に野球が強くなったのです。


その後栽監督は沖縄水産高校に移り、90年、91年夏、2年連続準優勝に輝きました。


栽監督にはぜひ、沖縄県民栄誉賞を送るべきです。


そして99年、春の大会、沖縄尚学高校が初めて甲子園で優勝したのです。


(優勝監督は栽監督の教え子の金城孝夫監督です。エースは現沖尚監督の比嘉公也氏でした。)



沖尚が甲子園で優勝するまで、沖縄では「甲子園優勝が先か、沖縄選出の総理大臣が先か」と言われたものです。


甲子園の優勝はそれ程の快挙でした。


2010年には、我喜屋監督率いる興南高校が春夏連覇という偉業を成し遂げたのです。


聞く所によると、今年沖尚高校に有望なピッチャーがいるそうです。


今年も楽しみです。





ゆとり教育について書かれたヤフー記事の要約と私なりの考え (Ⅲ)

《青少年の凶悪事件は、1998年の指導要領改訂前後も続き、1997年「酒鬼薔薇聖斗事件」(当時14歳)、


2008年「秋葉原通り魔事件」(当時25歳)など凶悪事件は続いた事を考えると、「ゆとり教育」に移行したのも


当時としてはやむをえなかったのではないでしょうか。


そういう意味では、「ゆとり教育」は必ずしも間違いではなかったと思います。


今度の指導要領改訂においても、教育の大きな柱として、人間教育は欠かせないと思います。


学校の勉強だけが全てではありません。》


法政大の児美川教授は「教育の基準、大綱的なものは指導要領で示しつつ、現場の先生方に教育を任せることが


できるかどうか、自分で考え、判断する21世紀型の学力を子どもたちに身につけさせるためには先生方が率先しなければ


育つわけがありません」と話しています。


15歳国際学力調査(PISA)ランキング(2015年~2016年)(加盟 世界70カ国)

科学
1位 シンガポール
2位 日本
3位 エストニア
4位 台湾
5位 フィンランド


読解力
1位 シンガポール
2位 カナダ
3位 香港
4位 フィンランド
5位 アイルランド
   ・
   ・
   ・
8位 日本


数学
1位 シンガポール
2位 香港
3位 マカオ
4位 台湾
5位 日本
   ・
   ・
   ・
12位 フィンランド


北欧の教育大国フィンランド


上記の国際学力調査(PISA)を見ると、フィンランドは科学で5位、読解力で5位、数学で12位と上位につけています。


フィンランドの教育に詳しい都留文科大学の福田誠治学長は


「知識の正確さや計算のスピードよりも、それを使うか、新しい知識を生む力を求める。


先進国の教育はそう言う方向に向いています。


フィンランドはその優等生。


日本は今後ろ向きでセンター試験改革も記述式を少し入れるくらい。」


日本の教育にダメ出しをする人は少なくない。


福田学長はどこが良くないと考えているのだろう。


「テストの点はいいが、その知識を使えないと言うこと。


原因はテスト自体にある。


『この知識はテストに出るかどうか』で学びが終わってしまうのです。


先生が『出るぞ』と言ってそれを生徒が学ぶ。


これでは独創力が育ちません」


《自分で企業するとか、新技術(イノベーション)を産み出すような能力ということでしょうか。》


「テストは子どもの自信を奪う」


テストがフィンランドと日本の差異を生んでいる、と指摘しています。


フィンランドの普通高校は、大学入学資格を得る所です。


アカデミックな勉強をやる気が無い人には知識が無い。


一方職業学校に行ったものの、大学に行きたくなった人は、普通高校に行き、必要な授業を受ければ良い。


自分に合わない学校に行ってもしょうがないと教師も親も本人も想っている。


《これと較べると日本の教育は全員を高校や大学の先生にでもしようとしているような教育です。》


これからは一生学び続ける時代です。


仕事も一つとは限らない。


だから、AL(アクティブラーニング)の議論をしているはずです。


日本は子どもの自主性に任せることを嫌う。


フィンランドは勉強時間も宿題も少ない。


けれど、教師の質が高く、自分がやる気になれば短期間で学べる環境が整っています。


一人一人の人生目標に沿って教える。


そういう考え方に変えるべきだ」と結んでいます。


《それはその通りだと考えますが、それを日本の詰め込み教育に今すぐに持ち込もうとすると混乱が生じるでしょう。


日本は資源の無い国です。


ダイヤモンドや石油がるわけではありません。


資源小国の日本が、明治維新以降の学制(義務教育)により世界第2位(いや中国に抜かれて第3位)の経済大国として


立脚してきた歴史を考えると、勉強を子ども達に強いるのはやむをえないと思います。


又、子を想う親として、子どもには自分達よりは幸せになってほしい、自分たちよりは少しでも豊かになってほしいと願うのは、


当然であり、それが今の日本の教育(学制)を作った底流にある事を思った時、「学習指導要領」を改訂して今の学校・学びのあり方を


急激に変えようと言うのは難しいのではないでしょうか。》





ゆとり教育について書かれたヤフー記事の要約と私なりの考え (Ⅱ)

(《 》は私の考えならびに意見です。)


新指導要領は小学校では2020年度、中学校は翌21年度、高校では22年度から全面実施が始まる。


変わるものは何だろうか。


大杉佳子教育課程企画室長は、「何を教えるか」という視点で定められていた学習指導要領を


「子どもにどんな知識、能力が身に付くか」との視点で作り直したという。


「国語で身に付く言語能力には三つの側面があります。


『創造的、論理的思考の側面』『感情、情緒の側面』『他者とのコミュニケーション』の側面」です。


それぞれの側面から『倫理国語』『文学国語』『国語表現』という新課程を作りました。


このほか、小・中の社会科では「国土に関する指導の充実」がうたわれ、


18歳選挙権に対応するために主権者教育も強く打ち出されるそうです。


理科では自然災害に関する学習内容が増える。


小学校ではプログラミングを含む情報教育が加わる。


「小5」から行われている外国語教育(英語)が「小3」からになります。


道徳が教科化されます。《道徳が正科になるとすれば、どう評価、数値化されるか気になります。》


高校では、日本史と世界史を統合した「歴史総合」が必修科目として設置されます。《うちなんちゅとしては


琉球史も「歴史総合」の中に入れてほしいと思います。》


大杉室長の説明によると、さらに大きな特徴がある改訂がなされるそうです。


資質、能力を身に付けるため、「主体的、対話的で深い学び(アクティブラーニング、AL)」を前面に打ち出したことです。


教員が一方的に知識を与える授業ではなく「子ども自身が知識を生かして課題解決的な学習に取り組む授業」、それがALだと言うのです。


「象徴的なのは人工知能(AI)です。


現在学校で教えていることは、人工知能が進歩した社会では役に立たないかもしれません


急激な変化の中では、より主体的に情勢をつかむ力を育てなければいけない。


ALはそのために必要です。


今やっている探求型の授業をより高めることが、小・中学校で求められています。


高校ではそもそも探求型の授業をやっていない高校もあるので、まずそういう授業をやって下さい。」と、


高校と大学の接続の議論も同時に進んでいます。


『入試が変わらないと高校が変わらない、高校が変わらないと・・・』という


ニワトリが先か、卵が先か的な議論でしたが、今回は『一緒に考えよう』という流れがでてきています。










ゆとり教育について書かれたヤフー記事の要約と私なりの考え (Ⅰ)

「ゆとり教育との決別宣言を明確にしておきたい」(2016年5月 馳浩文文部科学大臣)


の宣言から始まった脱ゆとり教育。


円周率を「3」で教える、地理では南北アメリカ大陸を湾も半島もない三角形と逆三角形で教える。


「指導要領、10年ぶりの大改革」


学習指導要領は幼稚園から高校までに学ぶ内容を大まかに定める要綱(基本)の事です。


およそ10年に1回くらい改訂されてきました。


その流れを見ると、1970年代極悪な少年犯罪が多発したり、おちこぼれが社会問題化しました。


《凶悪事件を含みますので、小、中学生は見ないで下さい。


①1969年 高校生首切り事件


○○高校に通学していた男子Aは同級生Bと山に行き、BはAに「お前の顔は豚に似ているな」と言った。


Aは今までに受けたいじめを思い出し、Bをナイフで刺した。


仕返しを恐れたAはBの首を切断した。


②1974年 千葉県の自宅で、両親から水商売の女性との結婚を反対された息子がいました。


激怒した息子(千葉県内の最難関高を卒業)が両親を刺殺。


③1980年 20歳の予備校生が両親を金属バットで殺害。


当時受験戦争やエリート志向が巻き起こした悲劇として世間を震撼とさせました。



以上のような事件が多発した為、受験戦争、偏差値による人間の決め付けに世間の耳目が集まり、


「勉強ができる事が全てではない」と言う世論が醸成されていったのです。》


「詰め込み教育」の反省から、時代は「ゆとり教育」へと変化していったのです。


77年の改訂から学習内容や履修時間が減少していきました。


98年の改訂では「特色ある教育」を目指し、「学校週5日制」や「総合的な学習時間」を導入しました。


週5日制はご父母の評判が良くなったように記憶しています。


ところが2003年、高校1年生を対象とする第2回国際学習到達度調査(PISA)の結果、日本の順位が下がった、


すると批判が起き、風向きが変わりました。


2008年の改訂では、「脱ゆとり」を明確化し、学習内容や時間を増やしました。


PISAの順位は2009年に上昇に転じました。


法政大学の児美川教授は今回の改訂を「ゆとり教育」から「脱ゆとり」へとかなりの大改革と言っています。


「科目を部分的に変えてきたこれまでと違い、今回は根本的に見直した結果、高校では新科目が増えました。


文科省は、『知識だけを身につければ良いという』旧来型の入試に結びついた教育を壊したいと思っている」


と語っています。





2017年人気職業ランキング Ⅲ


5位のファッションデザイナー、7位の保育士、10位の美容師。


今回はランキングに入りませんでしたが、花屋さんは時代が変わっても女子に鉄板の人気職業だと思っていたのですが、


花屋さんが上位から消え、代わりに47位にフラワーデザイナーと言うカタカナの職業が入っています。


時代は変わるものです。


大工さんは今回は14位でしたが、何年か前にランキングトップになった事があります。


その当時は人気TV番組ビフォーアフターがあった時代で、ボロ屋がリフォームでカッコ良くなり、利便性も高まり


新居のように生まれ変わるのをまるで魔法を見ているようで、私も好きな番組でした。


そのような影響もあったのでしょう。


大工さんが第1位に輝いた年もありました。


これはとても良い事だと思いました。


匠の技と言う言葉があるとおり、昔から日本は「職人」、「技術者」をとても大切にする国です。


欧米ではホワイトカラーとブルーカラーが厳格に分けられていて、ブルーカラーは、ホワイトカラーの下に


位置しているイメージですが、日本では大工さんであれ、料理人であれ、それなりの腕があれば


高い給与とそれなりの社会的地位を得られる社会です。


良い社会だと思います。


時代を反映していると思うのは、25位漫画家、26位声優、27位アニメーターなどのアニメや漫画の


世界に携わりたいと言う若い人々が増えたことです。


以前のブログで書いたように人工知能の出現により、社会は、18世紀以来の産業革命を超えるような大変革期にあります。


偏差値だけで高校、大学、会社を決めるのは大変危険です。


Y君という生徒がいました。(中3から高3まで智学館に在籍)


Y君はギリギリではありますが首里高を狙えたのですが、沖縄工業に進学しました。


理由は沖縄工業にある推薦枠を利用するためです。


沖縄工業では成績トップ3は、一人は琉大推薦、もう一人は沖縄電力、3人目が日本トランスオーシャン航空(整備士)の


推薦枠があったのです。(整備士平均年収 30代 400万)


今はこの推薦枠は無くなったそうです。


Y君は3年間バスケットボールの部活と成績トップ3を維持し続け、最終面接も突破して日本トランスオーシャン航空(整備士)


に入社しました。


職業別平均年収というサイトを見ると1位は、医者や弁護士ではありません。


飛行機のパイロットです。


飛行機の整備士もそれに付随して高いと思われます。


子供をやる気にさせるのは、ご両親、学校の先生、塾の我々にとっても一番難しい仕事だと思います。


子供を勉強に向けさせる動機づけにも、将来の職業と結びつけて話すのはもっとも効果的な方法だと思います。









2017年人気職業ランキング Ⅱ

「2017年人気職業ランキング Ⅰ」で、ゲームのやり過ぎは目を悪くしたり、勉強のじゃまだと言う理由で禁止するの


ではなく、「ゲームクリエイター」を目指して勉強させるのも一つではないかと書きましたが、実例があります。


智学館に中3から高3までいたY君です。


Y君は中3の一番最初の面談の時ランチボックスのような箱を持って来ていました。


中身を尋ねると、「ミニカーです」と答えて中を見せてくれました。


中にはキチンと整理されたミニカーが10個前後並べられていました。


「将来何になりたいの」と聞くと、アメリカのメーカーの名前を挙げて、そこでミニカーを製作したいと言うことでした。


中学に上がり、勉強もよく頑張り、那覇国際高校に進学しました。


英語には特に力を入れたようです。


高3生になると、琉球大学と関西外語大学を受験し、2校とも合格しました。


Y君は、琉球大学を蹴って関西外語大に進学しました。


関西に発つ一週間程前に尋ねてきたとき、「将来は何になりたいんだ」と聞きました。


曰く、「前から言っているようにアメリカのミニカーメーカーの○○か、日本のタカラかトミーで働きたい」と言うことでした。


正に初志貫徹、彼にとっては、おもちゃのミニカーを作成したいと言うのが勉強のモチベーションとなっていたんだと


改めて理解しました。


※2006年、トミーがタカラを吸収、現在はタカラトミーとなっています。その平均年収は667万円です。(H26年)



話をランキングに戻しましょう。


4位薬剤師、6位医師、9位看護師等の医療系は、近年高い人気です。


理由は3つだと思います。


第1には、資格を取って、将来どういう風にころんでも大丈夫なようにと言う考え、


2つ目は、高収入が見込める、特に法律が変わって看護師不足になり、看護師の収入が増えた事があると思います。


年収style(沖縄県看護師)のサイトを見ると、平均給与29,6万、平均年収415万と出ています。


年収全国最下位※の沖縄で年収415万はかなり高額の職業です。


医療系は男女の賃金に大差ないので尚の事、女性にとって高収入の人気職業と言うことになります。


3つ目は、医師、薬剤師、看護師に共通している、病の人を治すと言う社会的に意義ある職業であると言う事、


若い、中学生、高校生は社会に役立つ仕事に就きたいと言う意識が、優秀な子程高いような気がします。



※平均年収  全国平均  469万円
  一番高い  東京都   580万円
  一番低い  沖縄県   333万円        年収ラボ(平成25年)より


一番低い沖縄県と東京都だと約250万円違います。


平均年収を扱った他の資料だと東京と沖縄は倍近い差があるサイトもあります。


日本の人口の10%以上もの人が東京に集中するわけです。





2017年人気職業ランキング Ⅰ

2017年人気職業ランキングを見てみました。


①プロスポーツ選手

②ゲームクリエイター

③パティシエ

④薬剤師

⑤ファッションデザイナー

⑥医師

⑦保育士

⑧編集者

⑨看護師

⑩美容師


となっていて、子供たちが野球やサッカー、バスケ等のプロスポーツ選手に憧れるのは納得の1位です。


2位のゲームクリエイターも分かる気がします。


生徒に将来の職業を聞くと、「ゲームを作る人」というのはよく聞きます。


生徒同士の会話を聞いていると、「○○はゲーマーだ」という話もよく耳にします。


ゲーム好きの子供たちが増えています。


ゲームは楽しいのですが、勉強がおろそかになるのは考えものです。


だからといってただゲームを禁止するのではなく、「そんなにゲームが好きならば、ゲームクリエイターになれば」


と道を示すのも一つの方法かもしれません。


ゲームクリエイターともなれば、大学の工学部に行って数学やコンピューターを勉強しなければならないと諭して


理系の勉強を頑張らせるのも一つの手かも知れません。


それはともかく、ゲーム好きの子供たちにすれば、ゲームクリエイターになりたがるのは当然の結果かと思います。


3位のパティシエは、3~4年前までは圧倒的に女子に人気だったような気がしますが、


最近は男子にも人気職業になっているような気がします。


スイーツ男子が増えたのでしょうか。




たまには芸術の話をします





※2016年12月のニュースです。


 「フランスから12月12日、イタリア・ルネッサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの作品が発見されたと言うニュースを見ました。


メトロポリタン美術館は声明で、この作品を『世紀の大発見』と評しました。


学芸員はカルメン・C・バンバック博士で、ダ・ヴィンチの専門家としても世界的に有名な人物だそうです。


この作品の価値は約18億1900万円と見積もられているそうです。」


ダ・ヴィンチと言えば、イタリア・ルネッサンス期を代表する人物で、万能の人と呼ばれ、その才能は


数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学などで多様な研究原稿を残しています。


またその才能は、音楽、建築などにも及び、一番評価されている絵画作品では


有名なモナ・リザ、最後の晩餐、聖アンナと聖母子などが教科書にも載っています。


その巨匠レオナルドの作品が200年ぶりに新作が発見されたと言うのですから、びっくりです。




 ※話は飛んで、去年の7月に塾の安先生とデパート○○○○開店25周年特別企画、


「フェルメール光の王国展」を見に行きました。


フェルメールは、レンブラント、ルーベンスと並び、17世紀オランダを代表する画家です。


そのフェルメールの作品が一挙に37点も、極東の小島、沖縄で展示されると言うので、信じられない企画展です。


入場料は1000円、これは見に行くしかない絵画展だと思い、塾の安先生を誘い、見に行きました。


(安先生に、「たまには絵でも見に行こう」と言いました。


あまり興味がないと言われると思ったのですが、意に反して、二つ返事で同意してくれました。


彼が言うには「たまには魂の洗濯がしたい」と言うことでした。


魂の洗濯とはいい言葉じゃないでしょうか。)


意気込んでフェルメール展を見に行きましたが、なんとこれが全作品レプリカでした。


普通に考えたら沖縄にフェルメールの全作品が展示されるとは考えにくいのですが、


もしかしたらと思い、見に行ったのでした。


帰ってきて、もらったパンフを見たら、「フェルメール全37点のリ・クリエイト作品を一堂に展示」と書かれていました。


リ・クリエイトとは、レプリカとは違うのか?


正直、がっかりした企画展でした。



受験生の皆さんは受験シーズン真っ只中なので難しいでしょうが、受験が終わったら、


新海誠監督の「君の名は」の美しさに惹かれるのもいいですが、


ダ・ヴィンチや葛飾北斎、レンブラント等の絵画を見に、安先生が言うように「魂の洗濯」をしに


美術館へ出かけてみてはいかがでしょうか?






始まりか・・・・・・


11月4日のブログでAIが本格的に導入されると18世紀の産業革命に匹敵する大変化が起こると書きましたが、


その始まりを予兆させる出来事がありました。


『富国生命保険が、人工知能(AI)を活用した業務効率化で、医療保険などの給付金を査定する部署の


人員を3割近く削減する。


将来的に、人の仕事がAIに置き換えられるケースが増えそうだ。


文脈や単語を解読する日本IBMのAI「ワトソン」を使ったシステムを来年1月から導入するそうです。


同社は既に、導入を見越した業務見直しで段階的な人員削減に着手しました。


最終的に計34人を削減する計画です。』


           (

智学館は首里にあったため、ありがたいことに首里地区からの問い合わせが何件か来ています。
首里地区から小禄校に通うのは大変だと思われますが、交通アクセスを紹介します。
(バス路線図と、モノレール小禄駅・奥武山公園駅からの地図を載せます。地図をクリックすると拡大されます。)H27年4月28日

先日、どういう検定を実施しているかについての問い合わせがありました。
智学館は「数検」「漢検」「英検」「児童英検」「理検」「歴検」の準会場です。
高校も大学もA.O入試や推薦がずい分増えています。
資格は推薦理由にもなります。
機会がありましたら受験をお勧めします。
H27年4月27日




~那覇高校から中央大学~
波平 真海
 私は、中学三年生の春から、高校三年生まで智学館で勉強に励みました。
 入塾当初から、学校で学んできた事を塾で復習または予習等を智学館の先生方の熱心なご指導と共に行ってきたおかげで、第一志望の大学に合格することができました。
 私は部活をしていて、忙しい日々でしたが、先生方のサポートもあったおかげで高校三年間、文武両道を継続することができました。
 また、塾での約四年間で、さまざまな先生に出会うことができ、いろいろな人生観に触れることができ、人間的にも大きくなれたと思います。
本当にありがとうございました。
智学館最強伝説!!(頑張った生徒たち)

名前入塾時の学校学年入塾期間その後の進路
I君城北小6年小6~高3(6年7ヶ月)興南高校~東京理科大学理学部
 小学校6年の夏期講習から高校3年の最後まで、のべ6年7ヶ月在籍してくれた。その間中学ではバスケと勉強を両立、興南中では学年席次1番にもなった。興南高から、東京理科大(理学部)に進学、本人は研究者になりたいと希望。高校生の時、英検準1級取得。
A君城北小6年小6~高2(5年7ヶ月)那覇高校~中央大学法学部
 中学時代は学年の席次10番以内に5回入った。部活はサッカーのレギュラーであり、那覇選抜にも選ばれた。高校は模試判定で開邦にも入学する学力を有しながら、スポーツもやりたいと言う希望で、那覇高校に進学、高校でその脚力を活かす為、陸上部に所属400mの県記録をつくる。その学力と県記録を理由に大学4校からスカウトされる。4校中から中央大学に進学する。大学では箱根駅伝の走者にも選ばれたらしい。ここまできたら、東京オリンピックを目指せ。
N君城北小4年小4~高1(6年4ヶ月)開邦高校~中央大学法学部
 城北中時代は学年席次1番に2回なった。常時学年席次は10番以内を維持した。サッカー部に所属し、スポーツと勉強を両立させた。高校は開邦高校に進学した。(塾には小4から高1まで在籍。)開邦高校でも上位の成績を残し、大学は東京大学文化Ⅰ類と中央大学法学部を受験、東大は結果でず、中央大学法学部に進学した。
Hさん識名小6年小6から中3(4年間)国立高専~高専専攻科
 小学校6年の時から沖縄高専に進学し将来は、研究者になりたいと希望する。その希望通り沖縄高専に合格し、本科の5年を修了後大学院修士同等レベルの専攻科に進学する。このまま頑張って小学生のころからの夢の研究者になってほしい。
T君城北小6年小6~高2(5年5ヶ月)首里高校~琉球大学~沖縄県庁
 小学校6年から高2まで通学してくれた。真面目に勉強に取り組み、首里高校へ現役合格。琉球大学へも現役合格した。首里高・琉大ともに現役合格はままあるが、彼はその後もよく頑張って、県庁へ現役で正式採用された。首里高→琉大→県庁、すべてストレートでの合格は珍しい、特に公務員(県庁)は今、難関中の難関だ、現役合格は素晴らしい。沖縄県の発展のために頑張ってもらいたい。
Kさん高校中退高校中退後~大学受験(2年間)東京福祉大学
 高校1年で事情により高校を中退した。智学館では約1年勉強し、高卒認定試験を取得した。高卒認定試験を取得すると大学、専門学校、各種公務員の受験が可能になる。彼女は高認取得後塾をいったん辞め一年間アルバイトに励む。高校で言うと3年生の9月に塾に戻って来て大学進学のための勉強を再開する。(学年でいうと高校3年生にあたる18歳で)東京福祉大学に合格する。国立と私立は一概に比べられないが、東京福祉大学のレベルは沖縄国際大学と琉球大学の中間ぐらいと思われる。半年間の勉強でよく東京福祉大学に合格したと思う。大学卒業後は福祉関連の仕事について頑張って欲しい。
A君城北中1年中1~中3(3年間)首里高校
 オール5を取るのは難しい、5教科だけでなく美術や音楽も出来なくてはならない。それでもオール5の生徒はたまに見受ける。彼が特異なのは、オールA、オール5な所だ。これはめずらしい。スポーツマンで強靭なフィジカル(肉体)を持っている。その上でオールA、オール5の能力を有している。現在高校生、将来が楽しみだ。
Y君城北中3年中3~高3沖縄工業~トランスオーシャン
 城北中から沖縄工業高校に進学、理由は航空会社で働きたいため。沖縄工高にある日本トランスオーシャン航空推薦枠を使って就職する事を考えた。これはなかなかの難関で沖工高内でベスト3の成績を維持しなければいけないそうで、彼は高校3年間バスケットボールの部活と、成績トップ3を維持し続け、最終面接も突破して日本トランスオーシャン航空(整備士)に入社した。今、進学より就職が大変な時代で、琉大に入学するよりトランスオーシャン航空に入社する方が難しいと聞いた。
T君城北中1年高2~高3(1年9ヶ月)首里東高校~琉球大学
 将来は学校の先生になりたいと言っていた。センターで失敗、本人は琉大は無理だと思ったようだ。2次で満点を取らなければ逆転は出来ないと言う状況の中で首里東高校から現役で琉大に合格した。
N君城北中3中3~大学受験まで(3年10ヶ月)城北中~那覇高~中央大学
 サッカー部に所属し、中学の時は県代表、高校の時は那覇代表に選抜されたスポーツマン。寡黙で中学生にしては早くも人間的に出来ていると感じた。那覇高校でも成績優秀で中央大学に進学した。
Mさん城北1年中3(1年)城北中~ルーテル学院高校~国立熊本大学
真面目によく頑張り、城北中では学年席次10番以内に2度入った。お父さんの転勤で沖縄に来たようだが、短期間でよく周囲になじみ友人もたくさん作り、塾でも楽しそうに勉強していた。高校を卒業後、お手紙をいただき、国立熊本大学に現役で合格した事を連絡してくれた。Mさんであれば、その後の人生も無事そつなく堅実に過ごして行くだろうと思う。





●小学生(小4~6年)クラス

①少人数(1クラス8名)制による高度なカリキュラム。

②小学生から始める事により、那覇国際高、首里高、那覇高等の上位の高校を目指します。

③小学校、中学校、高校、一貫学習によって上位の大学を目指します。

④少人数個別学習(1クラス8人)で弱点を補強します。

⑤漢検、数検、暦検等の資格取得にも力を入れます。



●中学3年首里高・那覇高・那覇国際高クラス

①少人数(1クラス8名)制によるより高度なカリキュラム。

②週3日の授業日数。

③少人数個別学習の為、弱点補強にも最適です。

④年4回の模試を通して自己の能力を確認しながら学力向上を図ります。

⑤私立実績のある講師が指導します。(入会テストもあります。)



●高校生クラス1、2年

①少人数(1クラス8名)制による高度なカリキュラム。

②中間、期末の定期テスト対策。

③個別学習で弱点を補強します。

④高1から始めることにより、内申点をUPさせ推薦合格も意識したカリキュラムです。

⑤教科書に即した解る授業、受かる授業を心掛けます。

⑥漢検、数検等の資格取得にも力をいれます。



●中学・高校過卒(高校・大学受験)クラス

残念ながら涙をのんだ君、いつまでもくよくよしないで元気を出して頑張ろう。『ピンチはチャンスだ!』

①まず、どうして残念な結果に終わったか分析します。

②中1(高1)の基礎からやり直す事により、解る授業、受かる授業を心掛けます。

③模試を通して、自分の実力を確かめながら実力を着実にアップしていきます。

④そして的確な受験指導で志望校合格を目指します。

 学力の現状維持なく1ランクアップをめざします。

詳細情報
責任者
渡慶次 良国
名称
- 智学館 小禄校 - 沖縄県那覇市の少数個別学習塾
住所
〒901-0152
沖縄県那覇市小禄766-2 NKマンション102
電話
098-894-4911

- 智学館 小禄校 - 沖縄県那覇市の少数個別学習塾

智学館は、沖縄県那覇市小禄にある個別指導学習塾です。小学生、中学生、高校生対象に少数個別指導を行っております。習熟度別クラスにより、私立中高大向けの対策、首里高校、那覇高校、那覇国際高校など県立高校、私立高校受験希望者も含め、小人数での学習を行っております。
少数個別学習 智学館
住所;沖縄県那覇市小禄766-2 NKマンション102  電話番号;098-894-4911
This site is powered by town-nets.jp.   [Control]